当社は、千葉県の北端中央部に位置し、東には小江戸で有名な佐原・香取神宮などがある香取市、 西と南には日本の空の玄関口である成田空港を始め、成田山新勝寺のある成田市に接するとともに、北は利根川を挟んで日本唯一夢むすび大明神 「あんばさま」で有名な大杉神社 の茨城県稲敷市と対峙して、関東のパワースポットの間にあり、人口約6000人弱の千葉県で一番小さい町、千葉県香取郡神崎町にて営んでおります。千葉県北部エリア・茨城県南部エリアを中心として、損害保険・生命保険のご提案を通じて、お客さまの幸福な暮らしに貢献する会社です。

当社の所在地である神崎町には、茨城県とつながる「神崎大橋」があります。

橋が無ければ渡られぬ という言葉があり、 橋は、地域をつなげて人々の豊かな生活の架け橋となる存在 です。

私たちは、人とのつながり(御縁)を大切にして、お客様を様々なリスクから守るために最適な保険提案を行い、安心でゆとりある幸福な人生へのお手伝いをする橋渡しになれればと思います。

【 Selling is teaching 】
① 知って良かった。
② 知らないと損をする。
③ 知らないと時代に遅れる。
④ 知らないと人生を誤る。

社名の由来 「 安田商会 」 とは、

弊社の会社名は、安田商会ですが安田の名字の人はいません。それは・・・

現会長(高橋邦忠氏)が、1976年創業時に「ナリタ保険サービス」という名前で発足しました。

1983年に法人格に移行するとき、取扱保険会社の安田火災海上保険株式会社(現在:損害保険ジャパン㈱)と、共に『異体同心・共存共栄』の精神のもと、互いに精進を重ね「核(コア)」 になる代理店となるように意味を込めて 安田 の名前をつけて法人組織に変更しました。

そして、「 」は、心・全・定・らぎを提案し

」は、何もない土地から、モノ(・畑)を作り出す開墾魂

」は、いをしながら

」は、様々な縁のある人に出う事

袖振り合うも多生の縁、偶然でほんのささやかな出会いであっても、人との絆を大切にしてご縁を広げていきたいものです。